古代アメリカ学会 第21回研究大会・総会

主催 古代アメリカ学会
協力 国立民族学博物館

 

21回研究大会・総会の開催について

古代アメリカ学会第21回研究大会発表者へのお願い

チラシ表面(会場案内付きPDF)

チラシ裏面(PDF版プログラム)

発表要旨

シンポジウム「古代アメリカに関する高校教育を考える」概要

・研究大会および総会は、国立民族学博物館第4セミナー室で実施します。
会員でない方も資料印刷費500円を実費負担していただくと研究大会にご参加いただけます。


12
3日(土)

12:00    <受付開始>

12:40    <式辞>

 

【調査速報の部】

12:50        ペルー南海岸ベンティーヤ遺跡の発掘調査

               山本睦 (山形大学), 坂井正人 (山形大学), ホルヘ・オラーノ (山形大学), 松本雄一 (山形大学)

13:10        通過儀礼から見た祭祀建築の一生: ワリ国家のD字形建築を事例として

               土井正樹(山形大学)

13:30        ワリ期の人物表現について −ペルー北部高地カハマルカ地方の事例−

               渡部森哉 (南山大学)

 

13:50        <休憩10分間>

 

14:00        ホンジュラス共和国 コパン・ルイナス市における学校教育と博物館に関する調査速報

               五木田まきは (金沢大学大学院)

14:20        コパン周縁に見られるモザイク石彫

               平尾雅代(金沢大学大学院)

14:40        ホンジュラス、 コパンのマヤ遺跡における発掘調査−2016年度の概要紹介−

               中村誠一 (金沢大学)

 

15:00        <休憩10分間>

 

15:10        パコパンパ遺跡カハマルカ期ミニチュア土器の分析

               中川渚 (総合研究大学院大学), 関雄二 (国立民族学博物館), ダニエル・モラーレス (ペルー国立サン・マルコス大学)

15:30        ペルー, パコパンパ遺跡から出土した人骨の生物考古学的研究 −2016年度調査報告−

               長岡朋人 (聖マリアンナ医科大学), 関雄二 (国立民族学博物館), 鵜澤和宏 (東亜大学), フアン・パブロ・ビジャヌエバ (ペルー国立サン・マルコス大学), ダニエル・モラーレス (ペルー国立サン・マルコス大学)

15:50        パコパンパ遺跡の儀礼的コンテクストから出土した動物骨資料: 饗宴との関係を中心として

               鵜澤和宏 (東亜大学), ディアナ・アレマン (国立民族学博物館), フアン・パブロ・ビジャヌエバ (ペルー国立サン・マルコス大学), 関雄二 (国立民族学博物館)

 

16:10        <休憩10分間>

 

【研究発表の部】

16:20        ペルー北部高地パコパンパ遺跡における形成期後期のC4資源利用

               瀧上舞 (山形大学), 関雄二 (国立民族学博物館), 長岡朋人 (聖マリアンナ医科大学), 鵜澤和宏 (東亜大学), ダニエル・モラーレス (ペルー国立サン・マルコス大学), 米田穣 (東京大学)

 

16:50    <休憩10分間>

 

17:00    総会


124日(日)

8:30          <受付開始>

 

【調査速報の部】

9:00          トラランカレカ遺跡2016年調査概報

               福原弘識 (埼玉大学)

9:20          サン・アンドレス遺跡における新たな石造大基壇の発見とその意義

               市川彰 (名古屋大学)

9:40          チャルチュアパ遺跡エル・トラピチェ地区の放射性炭素年代測定 −マヤ南部地域先古典期〜古典期土器編年の再構築にむけて−

               深谷岬 (名古屋大学大学院), 伊藤伸幸 (名古屋大学)

 

10:00        <休憩10分間>

 

10:10        アンデス形成期の神殿後背地研究を始めるにあたって

               芝田幸一郎 (法政大学), 宮野元太郎 (芦屋大学)

10:30        コトシュ遺跡第4次発掘調査 −コトシュ・ミト期の新知見を中心に−

               鶴見英成 (東京大学), セサル・サラ (ペルーカトリカ大学)

10:50        「エクアドル地震2016」による文化財被害

               大平秀一 (東海大学)

 

11:10        <休憩 10分間>

 

11:20        メキシコ西部, ハリスコ州ロス・アルトス地域における踏査概報

               吉田晃章 (東海大学), ロドリゴ・エスパルサ (ミチョアカン大学), フランシスコ・ロドリゲス (プレサ・デ・ラ・ルス調査団)

11:40        ニカラグア共和国, ラ・パス遺跡の発掘調査

               長谷川悦夫 (埼玉大学)

12:00        グアテマラ, セイバル遺跡と周辺部の航空レーザー測量とマヤ文明の考古学調査

               猪俣健 (アリゾナ大学), 青山和夫 (茨城大学), フローリー・ピンソン (サン・カルロス大学), ホセ・ルイス・ランチョス (グアテマラ国立人類学歴史学研究所), 原口強 (大阪市立大学), 那須浩郎 (総合研究大学院大学), 米延仁志 (鳴門教育大学), フアン・マヌエル・パロモ (アリゾナ大学)

 

12:20        <休憩90分間>

 

【研究発表の部】

13:50        マヤ人は夜の出来事をどのように記したか

               八杉佳穂 (国立民族学博物館)

 

14:20        <休憩10分間>

 

【特別シンポジウム】

14:30        古代アメリカに関する高校教育を考える

               事例報告: 多々良穣 (東北学院榴ケ岡高等学校), 市木尚利 (リマ日本人学校)

               ディスカッション: 森下壽典 (早稲田大学高等学院), 石田春彦 (静岡聖光学院中・高等学校), 鶴見英成 (東京大学), 渡部森哉 (南山大学)

 

15:30        <閉会>