古代アメリカ学会第19回研究大会・総会プログラム

主催:古代アメリカ学会

後援:名古屋大学


PDF版プログラムはこちら
発表要旨はこちら
会場案内掲載チラシはこちら

第一日目:126日(土)                                                  

1130           受付開始

12501300      開会の言葉

調査速報の部(1300-1640

(1)         13001320

「ペルー北部地域の遺跡踏査:地域間ルート試論」           

山本 睦(山形大学)

(2)         13201340

「ヘケテペケ川中流域第6次調査:モスキートZ神殿の発掘」

鶴見英成(東京大学総合研究博物館)、カルロス・モラレス(ペルー文化省)

(3)         13401400

「ペルー北部ワカ・パルティーダ遺跡の神殿更新について」             

 芝田幸一郎(神戸市外国語大学)、

ビクトル・バスケス(ペルー・アルケオビオ研究所)

(4)         14001420

「パコパンパ遺跡の儀礼的コンテキストから出土した動物骨資料:

資料形成過程の解明に果たすタフォノミー分析の可能性について」

鵜澤和宏(東亜大学)、

ディアナ・アレマン(ペルー・サンマルコス大学)、

関 雄二(国立民族学博物館)

休憩 14201440

(5)         14401500

「先コロンブス期の中間領域における祭祀メタテに関する考察

―ニカラグア共和国、コスタリカ共和国での調査から―」

           植村まどか(京都外国語大学大学院博士前期課程)

(6)         15001520

「マヤ南東地域における広域編年確立のための年代学的研究」

                      市川 彰(日本学術振興会特別研究員PD

国立民族学博物館外来研究員)

(7)         15201540

「アパートメント・コンパウンドの測量調査概報」             

福原弘識(埼玉大学)

(8)         15401600

「メキシコ西部、サユラ、サコアルコ盆地における踏査概報」   

吉田晃章(東海大学)

 

 

(9)         16001620

「ニカラグア太平洋岸の考古学調査」                       

長谷川悦夫(埼玉大学)

(10) 16201640

「ホンジュラス共和国エル・プエンテ遺跡の発掘調査と3Dスキャニング」

寺崎秀一郎(早稲田大学)

総会 17001800

 

第二日目:127日(日)                                                  

調査速報の部(0900-0940

(11) 09000920

「ワリ帝国における土器の多様性について」        

渡部森哉(南山大学)

(12) 09200940

「チャルチュアパ遺跡エル・トラピチェ地区出土石彫について」                

伊藤伸幸(名古屋大学)

柴田潮音(エルサルバドル文化庁考古局)

研究発表の部(0940-1200

(13) 09401010

「アンデス形成期における黒曜石の流通と地域間交流:

カンパナユック・ルミ遺跡出土黒曜石の蛍光X線分析から」

松本雄一(山形大学)、

ジェイソン・ネスビット(テュレーン大学)、

マイケル・グラスコック(ミズーリ大学)、

ユリ・カベロ・パロミーノ(ペルー・サンマルコス大学)、

リチャード・バーガー(イェール大学)

休憩 10101030

(14) 10301100

「中期ホライズン開始期の様相:情報の流れに注目して」

土井正樹(日本学術振興会特別研究員PD・山形大学)

(15) 11001130

「新たな古代アメリカの比較文明論の構築に向けて」  

青山和夫(茨城大学)、

坂井正人(山形大学)、

米延仁志(鳴門教育大学)、

鈴木 紀(国立民族学博物館)

(16) 11301200

「太陽と月のピラミッドに象徴される古代テオティワカンの世界観」

杉山三郎(愛知県立大学)