古代アメリカ学会第17回研究大会プログラム

主催:古代アメリカ学会

共催:国立民族学博物館

 

発表要旨はこちら

 

830                   −受付開始−

 

915920      −開会の言葉

 

(調査速報の部)

 

920940 「ペルー中央高地アヤクーチョ谷、タンタ・オルホ遺跡出土の形成期の土器」

土井正樹(京都文教大学非常勤講師)

9401000    「形成期、パコパンパ遺跡における冶金 銅製錬および金製錬と銅製品・金製品の製作」 

荒田恵(国立民族学博物館外来研究員)

清水正明(富山大学)

中島真美(富山大学)

清水マリナ(富山大学)

10001020  ペルー北部高地パコパンパ遺跡における偶蹄類利用          

鵜澤和宏(東亜大学)

関雄二(国立民族学博物館)

マウロ・オルドーニェス(ペルー国立サン・マルコス大学)

ディアナ・アレマン(ペルー国立サン・マルコス大学)

フアン・パブロ・ビジャヌエバ(ペルー国立サン・マルコス大学)

10201040  「ペルー北高地パコパンパ遺跡における金製品を副葬した墓の発見」   

                                                                                    関雄二(国立民族学博物館)

フアン・パブロ・ビジャヌエバ(ペルー国立サン・マルコス大学)

 

小休憩(10分)

 

10501110  「アステカ王国史における自然災害の神話的解釈」

井関睦美(明治大学)

11101130  「エル・サルバドル共和国チャルチュアパ遺跡における地下レーダー調査」

伊藤伸幸(名古屋大学)

柴田潮音(エル・サルバドル文化庁考古課)

11301150  「マヤ北部低地における石彫マスクの調査速報」

                                                                                    多々良穣(東北学院榴ケ岡高等学校)

11501210 「マヤ文明世界遺産の遺跡マネジメント−金沢大学のティカル計画紹介−

中村誠一(金沢大学)

 

昼休憩(80分)

 

 

(研究発表の部)

 

13301400  「形成期における地域間交流と社会変化:ペルー北部ワンカバンバ川流域を事例として」  

山本睦(埼玉大学非常勤講師)

14001430  「アンデス縦断の視点からの形成期セトルメント試論」

                                                                                    鶴見英成(東京大学総合研究博物館)

14301500  「ペルー、カンパナユック・ルミ遺跡における神殿の再利用に関する考察」          

松本雄一(国立民族学博物館)

ユリ・カベロ=パロミーノ(ペルー国立サン・クリストバル・デ・ワマンガ大学)

エディソン・メンドーサ(ペルー国立サン・クリストバル・デ・ワマンガ大学)

 

小休憩(15分)

 

15151545  「シユモッコ政体の社会政治構造:土器胎土分析にもとづく先スペイン期ティティカカ湖盆地南西岸史の考察」

佐藤吉文(国立民族学博物館外来研究員)

15451615  「ワリ帝国における地方支配ペルー北部高地、エル・パラシオ遺跡の発掘調査

渡部森哉(南山大学)

16151645  土壙墓からみえてくる先古典期マヤ南部地域の社会

市川彰(名古屋大学大学院・日本学術振興会特別研究員)

 

17:00                総会

 

※非学会員の方もご参加いただけます。ただし、資料代500円が必要となります。

 また、非学会員の方は、大会チラシをご印刷・ご持参いただき、自然文化園中央口ゲート係員に提示しますと、午前10時以降、自然文化園が無料で通行できます。