古代アメリカ学会 第16回研究大会プログラム

 

日時2011123日(土)

場所:埼玉大学総合研究棟1階シアター教室

 

(発表要旨はこちら

 

 

0915             受付開始

10001010  開会の言葉

 

 

調査速報(10101130

 

10101030  「ペルー北部、インガタンボ遺跡第三次発掘調査」   

山本睦(日本学術振興会特別研究員)

ホセ・ルイス・ペーニャ・マルティネス(南フロリダ大学大学院)

 

10301050  「ヘケテペケ川中流域第5次発掘調査

‐テンブラデーラ対岸の神殿遺跡群‐

                                                                                    鶴見英成(東京大学総合研究博物館)

 

10501110  「ペルー中央海岸、サウメ遺跡の植物利用」

                                                                                      浅見恵理(総合研究大学院大学)

 

11101130  「先スペイン期ペルー北部高地におけるラクダ科動物飼養について」

                                                                                                  清家大樹(筑波大学大学院)

鵜澤和宏(東亜大学)

 

 

ポスターセッション(11301200

 

                            「メソアメリカにおける先スペイン期土器製塩に関する基礎的研究」

                                                                                市川彰(名古屋大学大学院)

松崎大嗣(東海大学文学部歴史学科)

八木宏明(滋賀県立大学人間文化学部地域文化学科)

 

                            「デジタル三次元地図を用いた建築復元と解釈」

     福原弘識(国立民族学博物館外来研究員)

 

 

昼休憩(60分)

 

 

 

調査速報(13001340

 

13001320               「エクアドル南部におけるインカ国家の拡大(第1次)」

大平秀一(東海大学)

森下壽典(東海大学・早稲田大学非常勤講師)

 

13201340  「タスマル遺跡の土製建造物調査」           伊藤伸幸(名古屋大学)

柴田潮音(エル・サルバドル文化庁考古課)

(すでに印刷・配布済みのポスターとチラシでは、

伊藤会員の単独発表となっていましたが、その後、

ご本人の申し出により共同発表に変更されました。)

 

 

研究発表(13401600

 

13401410「歯冠データを用いた先スペイン期ペルー北高地集団の比較」

森田航(京都大学大学院)

長岡朋人(聖マリアンナ医科大学)

関雄二(国立民族学博物館)

井口欣也(埼玉大学)

(すでに印刷・配布済みのポスターとチラシでは、

森田会員の単独発表となっていましたが、その後、

ご本人の申し出により共同発表に変更されました。)

 

14101440ムユの民族誌:採取と流通                          大平秀一(東海大学)

 

 

小休憩(20分)

 

 

15001530「いわゆるウスルタン様式土器の製作技法の検討」

                                                                                             村野正景(京都文化博物館

 

15301600  「マヤ文明の盛衰と環境変動」                       青山和夫(茨城大学)

 

16001610  閉会の言葉