古代アメリカ学会第14回総会研究大会

日時:2009125日(土) 9301700

場所:南山大学名古屋キャンパスB22教室

アクセス(http://www.nanzan-u.ac.jp/Information/access.html

 

大会プログラム

9:00-                     受付開始

9:30-9:35               研究大会・開会の言葉

 

―調査速報―

9:35-9:55               「タスマル遺跡調査2004-2008                                                            

伊藤伸幸(名古屋大学)

 

9:55-10:15             「先スペイン期アンデスのラクダ科動物飼養について―ペルー北部と南部との比較   から―」 

清家大樹(筑波大学大学院)

 

10:15-10:35           「ティティカカ湖南西岸パレルモ遺跡の物質文化」

                             佐藤吉文(国立民族学博物館外来研究員)

 

10:35-10:55           「ペルー中央海岸クーヨ遺跡の発掘調査報告」

浅見恵理(総合研究大学院大学)

 

―小休憩(座長交代)10:55-11:00

 

11:00-11:20            「ヘケテペケ川中流域第4次発掘調査−モスキート平原の岩絵遺跡−」

鶴見英成(東京大学総合研究博物館)

 

11:20-11:40           「パコパンパ遺跡から出土した人骨および動物骨の人為的損傷」                       鵜澤和宏(東亜大学)

            長岡朋人(聖マリアンナ医科大学・解剖学教室)

 

11:40-12:00            「パコパンパ遺跡の景観構造:2009年夏の調査より」                          

坂井正人(山形大学)

 

12:00-12:20           「ペルー北高地パコパンパ遺跡における墓の発見」                               

關 雄二(国立民族学博物館)

ディアナ・アレマン(ペルー国立サン・マルコス大学)

鵜澤和宏(東亜大学)

長岡朋人(聖マリアンナ医科大学・解剖学教室)

荒田恵(総合研究大学院大学)

坂井正人(山形大学)

ダニエル・モラーレス(ペルー国立サン・マルコス大学)

フアン・パブロ・ビジャヌエバ(ペルー国立サン・マルコス大学)

マウロ・オルドーニェス(ペルー国立サン・マルコス大学)

 

―昼休憩(12:20-13:30)

 

―研究発表―

 

13:30-14:00           「古典期南東地域における小型土製品(カンデレーロ)について」           

西野順二(国際文化財())

 

14:00-14:30           「ホンジュラス、コパン遺跡北部住居群の一埋葬事例における埋葬過程の復元」

今泉和也(北海道大学文学部人文科学科)

 

14:30-15:00           「マヤ文明の起源と環境文明史」                                                           

青山和夫(茨城大学)

 

―休憩(15:00-15:15)

 

15:15-15:45           「ペルー・ワンカバンバ川流域のセトルメント・パターン」                 

山本睦(日本学術振興会特別研究員)

 

15:45-16:15           「ワリ期の社会動態:ペルー北部の事例より」                                      

渡部森哉(南山大学)

 

特別講演

16:15-16:45           Una avanzada tecnologia agricola e hidraulica en el Valle Sagrado de los Incas

         -Aproximacion a la arqueologia de la produccion-

エルナン・アマット(ペルー国立サン・マルコス大学)

 

16:45-16:50           研究大会・閉会の言葉