第11回古代アメリカ学会研究大会・総会

プログラム

 

日時:2006122日(土)123018:00

場所:早稲田大学戸山キャンパス 36号館 6階 681教室

 

発表要旨はこちら

 

研究大会(123017:10)

1.開会の言葉                                                                会長      大貫良夫

12301235

2.研究発表(12351440

 

(1)「ヘケテペケ川中流域の形成期遺跡群の自然遺物」    鶴見英成(日本学術振興会)

12351300

(2)「チャンカイの土器文様」                                       浅見恵理(総合研究大学院大学

13001325

(3)「ワリ成立前夜:ワルパの土器からみたアヤクーチョと他地域との関係」

                                     土井正樹(国立民族学博物館

13251350

(4)「インカ国家の終焉と崩壊をめぐって」                            大平秀一(東海大学)

13501415

(5)「テオティワカンにおける長さの単位研究とコスモロジー」      杉山三郎(愛知県立大学)

14151440

 

3.ポスターセッション(14401500

 

(6) 「光記念館所蔵アンデスの布資料の紹介と展示手法について」

吉井隆雄、竹内健二、稲垣幸祐(光記念館)

 

休憩(15001510

 

4.調査速報 (15101710

 

(7)「月のピラミッドの建造年代について:土器分析から」            佐藤悦夫(富山国際大学) 

15101530

(8)「古典期の「マヤ低地のポンペイ」とセイバル遺跡の研究」        青山和夫(茨城大学)

15301550

(9)「チャルチュアパ遺跡タスマル地区2005-2006年調査」
              伊藤伸幸(
名古屋大学、柴田潮音(エル・サルバドル遺産局考古課)

15501610

10)「ウルピカンチャ遺跡2006年度発掘調査報告」 徳江佐和子・熊井茂行(明治学院大学)

16101630

11)「ペルー、カイェホン・デ・ワイラス、ケウシュ遺跡に見る海岸と高地の関係」

松本亮三、横山玲子、吉田晃章、須藤大輝(東海大学)

16301650

12)「チュルパに関する一考察‐2006年パレドネス遺跡の発掘調査より‐」 

渡部森哉(南山大学)

16501710

 

発表要旨はこちら

 

総会(17101800

 

1.開会

2.定足数確認                                                           代表幹事 関雄二

3.議長ならびに議事録署名人の選出                          代表幹事 関雄二

4.役員選挙報告ならびに承認                                    選挙管理委員会委員長 森下壽典

5.新役員の紹介                                                        代表幹事 関雄二

2005年度事業報告                                                前代表幹事 横山玲子

7.会計報告

(1)2005年度決算報告                               事務幹事 吉田晃章

(2)2005年度決算監査報告                        前監査委員 青山和夫、長谷川悦夫

8.2006年度事業計画                                               代表幹事 関雄二

2006年度予算                                   事務幹事 山本睦

10.会員状況報告                                                     事務幹事 山本睦

11.その他

 

 

懇親会(1830−)

 

 以上