第5回研究発表会

日時:2000年5月27日(土)

場所:国立民族学博物館・セミナー室

第5回研究発表会プログラム(第1部:アンデス)

ペルー北部高地、タンタリカ遺跡の発掘調査

渡部 森哉(東京大学大学院)

インカ期カナラカイ遺跡分布調査報告

岩田 安之(金沢大学埋蔵文化財調査センター)

アンデスのポリティカルエコノミー―先史ティワナク社会を例に―

中嶋 直樹(埼玉大学大学院OB)

競合する政体―アンデス形成期における社会変化のモデル―

芝田 幸一郎(東京大学大学院)

第5回研究発表会プログラム(第2部:メソアメリカ)

洞窟遺跡出土の土器から見た古代マヤの洞窟利用―ベリーズ、チェチェム・ハ洞窟遺跡を一例として―

石原 玲子(筑波大学)

メシーカ人の終末論的宇宙観

岩崎 賢(筑波大学大学院)

マヤ文字はどれだけ読まれたか

八杉 佳穂(国立民族学博物館)