会員からのイベント等関連情報

メールニュース(会員限定)を通じて寄せられたイベント等の情報を転載します。期間終了後に適宜削除します。
メールニュースの投稿規定はこちら。


①南山大学2019年度第2回公開講演会

②日時:2019年12月5日(木)17:00 ~ 18:30

③会場:南山大学 人類学研究所1階会議室

④内容:「El Paleoindio y las primeras cerámicas americanas(パレオインディアンとアメリカ最古の土器)」
講師:ベラクルス大学人類学博物館人類学専攻教授 Roberto Lunagómez Reyes氏
スペイン語(日本語通訳あり)事前申し込みは必要ありません。誰でも参加できます。

⑤情報提供会員:渡部森哉

⑥イベント関連URL:http://rci.nanzan-u.ac.jp/jinruiken/activities/information/017819.html

-------------------------------------------------------------------------


①「中央アメリカと北アメリカの土製建造物」講師:ロベルト・ルナゴメス(ベラクルス大学)

②日時:2019年12月3日(火) 14:45~16:00

③会場:名古屋大学博物館3F講義室(地下鉄名古屋大学徒歩3分)

④内容:メキシコ ベラクルス大学のロベルト・ルナゴメス博士をお招きし、 メソアメリカと北米地域の土製建造物とその文化財保護についての講演会を開催いたします。 ルナゴメス博士はベラクルスの考古学を研究されており、古代メソアメリカ文明の専門家です。
入場は無料。言語はスペイン語(逐次通訳あり)です。
主催:名古屋大学考古学研究室
問い合わせ先:ito.nobuyuki*a.mbox.nagoya-u.ac.jp(*をアットマークに変更願います)

⑤情報提供会員:伊藤伸幸

-------------------------------------------------------------------------


①「メソアメリカ文明講演会:La arquitectura en tierra de Mesoamérica y Norteamérica(メソアメリカと北米における土製建築)」 講師:Dr. Roberto Lunagómez (Universidad Veracruzana)

②日時:2019年11月27日(水) 15:30~17:30

③会場:専修大学神田キャンパス1号館8階8B会議室(地下鉄神保町徒歩3分、JR水道橋徒歩7分)

④内容:メキシコ ベラクルス大学のロベルト・ルナゴメス博士をお招きし、講演会を開催いたします。
ルナゴメス博士はベラクルスの考古学を研究されており、古代メソアメリカ文明の専門家です。
入場は無料。言語はスペイン語(通訳なし)です。
主催:専修大学文学部井上幸孝研究室
問い合わせ先:takaio*isc.senshu-u.ac.jp(*をアットマークに変更願います)

⑤情報提供会員:伊藤伸幸

-------------------------------------------------------------------------


①科研費新学術領域研究「出ユーラシアの統合的人類史学―文明創出メカニズムの解明―」の公募研究

②日時:なし(研究公募のため)

③会場:なし(研究公募のため)

④内容:科研費新学術領域研究「出ユーラシアの統合的人類史学―文明創出メカニズムの解明―」には、文明形成の長期的プロセスの解析を目的とする「モニュ メント」「アート」「社会複合化」の各班、メカニズムを解明する「民族誌」「認知科学」「身体」の各班があり、南北アメリカ大陸の考古学・人類学に関す る研究を公募します。単年度あたりの応募金額と採択目安件数は、500万円以内2件、400万円以内2件、200万円以内14件です。研究計画の詳細と応募要領へのリ ンクは下記URLをご参照ください。

⑤情報提供会員:鶴見英成

⑥イベント関連URL:http://out-of-eurasia.jp/

-------------------------------------------------------------------------


①京都外国語大学国際文化資料館収蔵品展「ラテンアメリカの古代美術」

②日時:2019年8月26日(月)~10月12日(土)開館時間:10時〜17時 ※日曜・祝日休館

③会場:京都外国語大学国際文化資料館(京都外国語大学第二分館10号館3階4階)

④内容:ICOM京都大会2019を記念して国際文化資料館収蔵品展 ラテンアメリカの古代美術展を開催します。ラテンアメリカの考古学資料とこれに関連する美術 作品をラテンアメリカの古代美術として総括し、ICOM Kyoto 2019のテーマである『文化をつなぐミュージアム-伝統を未来へ-』“Museums as Cultural Hubs:The Future of Tradition”に共鳴し、「過去・現代・未来の視点から展覧会にまとめましたので、ぜひご来館ください。
〈ギャラリートーク〉 10月5日(土)13:30〜15:00

⑤情報提供会員:南博史

⑥イベント関連URL:http://www.kufs.ac.jp/news/detail.html?id=tFDvvDMo

-------------------------------------------------------------------------


①「文化財を科学する―アンデス土器の構造解析に関する研究会―」

②日時:8月2日(金)11時~17時(入場無料 参加自由)

③会場:東海大学湘南校舎12号館 MNTCコミュニケーションスペース

④内容:東海大学文明研究所主催、マイクロ・ナノ研究開発センター共催。研究発表(いずれも仮題)「アンデス土器のX線CTスキャン画像より見る内部構造と修復」「笛吹土器の歴史的な変遷と形状の変化」「音の出る楽器の陶による復元について」「音の出る楽器の理論値による音階推定」などののち全体ディスカッション。

⑤情報提供会員:鶴見英成

⑥イベント関連URL:https://www.ticar.u-tokai.ac.jp/?p=2260

-------------------------------------------------------------------------

①写真展 「カパック・ニャン:遥かなるインカ道」および講演会

②6月10日(月)~7月27日(土)10:00~17:00
日曜・祝日休館 入場無料

③会場:京都外国語大学国際文化資料館

④内容:今回、在名古屋ペルー共和国総領事館と京都外国語大学共催で、このインカ道を紹介する写真展を開催致します。 これに合わせて、特別講演会・ギャラリートークを開催しますので是非足をお運びください
6月15日(土)13:30~15:00「インカ帝国を歩く」  渡部森哉(南山大学)(521教室)
6月29日(土)13:30~15:00 ギャラリートーク  大平秀一(東海大学)
7月13日(土)13:30~15:00「変わりゆくアンデス高地の生活と旅の道」 鳥塚あゆち(関西外国語大学)(521教室)

⑤情報提供会員:大越翼

⑥イベント関連URL:https://www.kufs.ac.jp/news/detail.html?id=GVVswxoh

-------------------------------------------------------------------------

①特別展「文字なき文明の名もなき名工たち―古代アンデス研究の新展開」

②日時:2019年3月23日(土)~6月30日(日)10:00~18:00
(入館は17:30まで、火曜休館、4/30は開館、会期中のイベント詳細はHPにて)

③会場:東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館 1階展示室

④内容:BIZEN中南米美術館(共催)収蔵の陶芸作品を中心に、アンデス諸国の古代美術の妙趣を披露します。
また日本アンデス調査団の成果や、CTスキャンと再現実験によって「笛吹きボトル」の高度な陶芸技法に迫る試みなど、 研究の来歴と多様な展開について紹介します。
ペルー日本人移住120周年、日本ペルー交流年、日本・コロンビア修好110周年、 日エクアドル外交関係樹立100周年、日本アンデス調査団60周年記念。

⑤情報提供会員:鶴見英成

⑥イベント関連URL:http://museum.c.u-tokyo.ac.jp/exhibition.html#Andes2019

-------------------------------------------------------------------------

①「松本亮三先生最終講義 自然と文明‐人類学、観光学、そして文明学‐」

②日時:2019年3月23日(土)
15:10~17:00(受付14:30~)最終講義
17:30~退職記念パーティー

③会場:東海大学代々木キャンパス(東京都渋谷区富ヶ谷2-28-4)
最終講義:4号館5階「講堂」
退職記念パーティー:4号館2階「Yカフェ」

④東海大学観光学部
事前申し込みは不要です。
退職記念パーティー参加費は、2500円です。
問い合わせ先:東海大学教学部代々木教学課
電話:03-3467-2211(代)

⑤情報提供会員:横山玲子

-------------------------------------------------------------------------

①総合地球環境学研究所情報基盤セミナーDigital Human Geography at Supra-Regional Scales(超広域スケールのデジタル人文地理学)

②日時:2019年2月28日(木)13:00-17:00

③会場:総合地球環境学研究所セミナー室3・4

④内容:Steven A. Wernke(米国ヴァンダービルト大学)、齋藤晃(国立民族学博物館)、Stephen Leisz(米国コロラド州立大学)らによるアンデスの歴史考古学・歴史地理学に関する最新研究についてご報告いただきます。
[使用言語:英語(同時通訳なし)]

⑤情報提供会員:市川 彰

⑥イベント関連URL:http://www.chikyu.ac.jp/publicity/events/etc/2019/0228.html

-------------------------------------------------------------------------

①総合地球環境学研究所情報基盤セミナー「LIDAR and Archaeology(レーザー画像検出・測距技術と考古学」

②日時:2019年2月26日(火)13:30-15:00

③会場:総合地球環境学研究所セミナー室1・2

④内容:Stephen Leisz(米国コロラド州立大学)をお招きし、「LIDAR and archaeology: examples of the application of LIDAR to the archaeological investigations of the city of Angamuco in the Patzcuaro Basin of Mexico」という内容でご講演いただきます。
[使用言語:英語(同時通訳なし)]

⑤情報提供会員:市川 彰

⑥イベント関連URL:http://www.chikyu.ac.jp/publicity/events/etc/2019/0226.html

-------------------------------------------------------------------------

「南山大学人類学研究所第7回公開講演会開催のお知らせ」

日時:20181125日(日)、15001700

会場:南山大学人類学研究所1階会議室

内容:Université Libre de Bruxelles・教授のSylvie Peperstraete氏をお迎えし、アステカの宗教に関する講演をしていただきます。
井上幸孝氏(専修大学)、岩崎賢氏(南山大学)2名がコメンテーターとして参加します。
[使用言語]
スペイン語


情報提供会員:渡部森哉

イベント関連URL1点:
http://rci.nanzan-u.ac.jp/jinruiken/activities/information/013844.html
(情報公開:2018年10月23日)

-------------------------------------------------------------------------

「南山大学人類学研究所第6回公開講演会開催のお知らせ」

日時:20181123日(金)、17001830

会場:南山大学S棟、S74教室

内容:エル・コレヒオ・メヒケンセ・特別研究員である杉浦洋子先生をお迎えし、「メキシコ、トルーカ盆地における人と水の考古学」という内容でご講演いただきます。

情報提供会員:渡部森哉

イベント関連URL1点:
http://rci.nanzan-u.ac.jp/jinruiken/activities/information/013843.html
(情報公開:2018年10月23日)

-------------------------------------------------------------------------

①第3回 国際バイオアーキオロジー(生物考古学)討論会

②日時:10月28日(日)〜11月3日(土)

③会場:メキシコ、ユカタン自治大学人類学部

④内容:世界各地から第一線で活躍する研究者の方々を招聘し、アンデス地域における人身御供の実情や、昨今マスコミでも話題になったアステカの「ツォンパントリ」、最古のアメリカ人「ナイア」などにつきまして、最新の知見を直接共有して頂ける予定です。
詳細は鈴木真太郎(
 ssuzuki@uvg.edu.gt )までお問い合わせを頂くか、下記URLをご覧ください。皆様のご参加を心よりお待ちしています。

⑤情報提供会員:鈴木真太郎

イベント関連URL: http://kanazawamaya.hatenablog.com 
(情報公開:2018年8月20日)

-------------------------------------------------------------------------

①「第一回パブリック考古学シンポジウム(於:エルサルバドル共 和国)の発表者募集のご案内」

②日時:2018年10月24日(水)~10月26日(金)

③会場:Museo Nacional de Antropología “Dr. David J. Guzmán”

④内容:パブリック考古学、文化遺産研究、博物館学、公共政策等 に関心を持つ全ての方々の情報交流等のため、エルサルバドル共和 国にて国際シンポジウムを開催します。発表者の応募締め切りは2 018年6月30日です。詳細な情報は、 村野正景またはシンポジウム事務局(sarqueologiap ublica*gmail.com)までお問い合わせください。 連絡の際、*は@に変換してください。今後、 公式HPも開設予定です。

⑤情報提供会員:村野正景

⑥イベント関連URL:https://www.faceboo k.com/Simposio-de-Arqueología- Pública-en-El-Salvador- 579674762375444/
(情報公開:2018年5月31日)

-------------------------------------------------------------------------


 ①「南山大学人類学研究所公開講演会」

 ②日時:2018年5月7日(月曜) 17時00分-18時30分

 ③会場:南山大学名古屋キャンパスS46教室

 ④内容:「メキシコ・オルメカ文化のモニュメント」古手川 博一氏(ホンジュラス国立自治大学客員講師)
 メキシコのオルメカ文化は、多くのモニュメントを残したその他のメソアメリカ諸文化に先立つ古代文化です。
 本講演では、モニュメントとは何なのかを概観した後に、オルメカ社会においてそれがどのような役割を
 果たしていたのかを示します。
 
  問い合わせ先:渡部森哉(shinya@nanzan-u.ac.jp <mailto:shinya@nanzan-u.ac.jp>)

 ⑤情報提供会員:渡部森哉
(情報公開:2018年5月7日)


-------------------------------------------------------------------------

①第2回メソアメリカ研究会

②日時:2018年4月14日(土) 16:30-18:30

③会場:京都外国語大学ラテンアメリカ研究所
京都市右京区西院笠目町6 京都外国語大学9号館5階)

④内容:マヤ考古学者・碑文学者である、スタンリ―・ポール・ギュンター先生をお招きして、古典期マヤ、アンコール文明、大和朝廷の王権を巡る比較研究をテーマとしたお話を伺います。使用言語はスペイン語です。参加費無料、事前申込不要、通訳無。

⑤情報提供会員:大越 翼(京都外国語大学)
(情報公開:2018年4月10日)

-------------------------------------------------------------------------

マンガが伝えるメキシコの歴史と文化:情報発信ツール開拓への挑戦」
日時:なし
会場:YouTubeでの公開
内容:メキシコで実施している「トラランカレカ考古学プロジェクト」の目的や成果、またメキシコで調査を行う際どのような問題点があるのかをテーマに、教育普及媒体としてマンガ4編を作成しました。多くの日本人研究者が海外で調査を行い活躍されています。しかし、その活動内容鵜や成果が専門家以外の方々には伝わりにくいのが現状です。これを少しでも変えたいとの思いからマンガを作成しました。関連URLで作品をご覧いただけます。
情報提供会員:嘉幡茂
イベント関連URL1点:
https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2
(情報公開:2017年3月3日)

 
-------------------------------------------------------------------------

「教員公募:文化人類学・アンデス考古学(山形大学)」
日時:なし(教員公募のため)
会場:なし(教員公募のため)
内容:山形大学では、学部・大学院などで文化人類学・アンデス考古学関連の科目を担当する教員(准教授、講師又は助教、常勤・任期なし)を1名公募しています。着任時期は2017101日です。応募される方は2017331日必着で応募書類を山形大学人文学部長宛に送付してください。詳しい公募情報は、関連URLをご覧ください。
情報提供会員:坂井正人
イベント関連URL1点:http://www-h.yamagata-u.ac.jp/recruit.html
(情報公開 2017年1月21日)


-------------------------------------------------------------------------
金沢マヤシンポジウム「マヤ文明研究の現在(いま)」~分野融合研究を通した新しいマヤ文明史の再構築~
日時:20161210日(土)100016:30
会場:金沢大学サテライトプラザ 金沢市西町三番丁16 (金沢市西町教育研修館内) TEL (076)-232-5343
内容:本シンポジウムは「マヤ文明研究の現在~分野融合研究を通した新しいマヤ文明史の再構築~」をテーマとして、国内外で活躍する研究者を招き開催いたします。内容は、VR技術を使った産学連携、古人骨分析による移民動態、建造物装飾とイデオロギー、土器装飾技法の復元、土製建造物の修復保存と多岐にわたります。参加費無料、事前申込不要。
情報提供会員:五木田まきは
イベント関連URLhttp://crs.w3.kanazawa-u.ac.jp/symposium/20161210.html
(情報公開 2016年11月29日)



-------------------------------------------------------------------------

公開国際会議Congreso Internacional de Mesoamericanistas en Tokyo 2016
日時:20161029日(土)13:0017:0030日(日)9:3015:30
会場: キャンパス・イノベーションセンター東京(JR田町駅芝浦口から徒歩1分)29日:24号室、30日:5501号室
内容:国際的に評価の高い海外研究者を招聘して、国際会議Congreso Internacional de Mesoamericanistas en Tokyo 2016を開催します。過去から現代までのメソアメリカについてスペイン語で発表します。一般公開(参加無料/申込不要/通訳無/定員10名[先着順])主催:文科省科研費新学術領域研究「古代アメリカの比較文明論」連絡先:青山研究室029-228-8429
情報提供会員:青山和夫(茨城大学)
イベント関連URLhttp://dendro.naruto-u.ac.jp/csaac/?p=398
(情報公開 2016年10月20日)



-------------------------------------------------------------------------

第5回古代東国文化サミットin黒井峯「国際シンポジウム」
日時:1016日 講演の部10:00時〜12:40時、パネルディスカッションの部15:1016:10
会場:群馬県・渋川市立子持中学校体育館
内容:榛名火山で埋没した古墳時代の集落址が残る黒井峯遺跡や金井東裏遺跡等の世界的価値を検証するため、火山噴火や災害考古学に詳しい国内外の専門家によるシンポジウムが開催されます。「中米のポンペイ」ホヤ・デ・セレン遺跡の調査団長ペイソン・シーツ教授が来日講演、青柳正規・東大名誉教授らとのパネルディスカッションに参加します。参加費無料、定員500名(先着順)。お問い合わせは群馬県文化振興課(TEL: 027-226-2525)まで。
情報提供会員:市川 彰
イベント関連URL:  http://www.city.shibukawa.lg.jp/kankou/history/information/p004405.html
(情報公開 2016年10月15日)


-------------------------------------------------------------------------
①科研費新学術領域研究「古代アメリカの比較文明論」の公募研究

②日時:なし(研究公募のため)
③会場:なし(研究公募のため)
④内容:科研費新学術領域研究の公募を開始しました。「古代アメリカの比較文明論」:中南米の考古学、公共考古学、環境考古学、動物考古学、考古科学、古環境学、植民地時代の歴史学、アンデスとメソアメリカの文化人類学等。申請書の提出先は、所属される研究機関です。提出期日は所属される研究機関にお尋ねください。応募資格は、応募要領(リンク先URLより)でご確認ください。応募上限額(単年度) 採択目安件数 700万円2件 150万円4件
⑤情報提供会員:青山和夫
⑥イベント関連URL1点:http://dendro.naruto-u.ac.jp/csaac/?p=374

(情報公開 2016年9月17日)


-------------------------------------------------------------------------
「世界考古学会議(WAC-8)開催記念講演会 神々も踊る古代都市 ~中南米のアート、考古学、地域コミュニティ~」
日時:2016828日(日) 13時~1630
会場:京都文化博物館別館ホール(〒604-8183 京都市中京区三条高倉)
内容:本シンポジウムは、京都外国語大学国際文化資料館第3研究講座およびWAC-8関連企画として開催されます。日本と中米における博物館の社会的役割の違い、遺跡の保存・活用、学芸員の役割と人材育成等に関する事例を踏まえ、考古学と社会をつなぐ博物館の具体像を探ります。参加費無料、事前申込制。申込み方法は、往復はがき、メール、お電話で受け付けております。お問い合わせは京都外国語大学国際文化資料館(Tel075-864-8741 /Mailumc@kufs.ac.jp)まで。
情報提供会員:村野正景
イベント関連URL:http://www.bunpaku.or.jp/exhi_kikaku_post/art-and-archeology/

(情報公開 2016年8月21日)


-------------------------------------------------------------------------

国際シンポジウム「考古学と博物館~考古学と社会をつなぐ博物館とは~」
日時:2016827日(土)10時~17
会場:京都外国語大学171教室(1号館7階)
内容:本シンポジウムは、京都外国語大学国際文化資料館第3研究講座およびWAC-8関連企画として開催されます。日本と中米における博物館の社会的役割の違い、遺跡の保存・活用、学芸員の役割と人材育成等に関する事例を踏まえ、考古学と社会をつなぐ博物館の具体像を探ります。参加費無料、事前申込制。申込み方法は、往復はがき、メール、お電話で受け付けております。お問い合わせは京都外国語大学国際文化資料館(Tel075-864-8741 /Mailumc@kufs.ac.jp)まで。
情報提供会員:植村まどか
イベント関連URL1点:http://www.kufs.ac.jp/news/detail.html?id=rtfUdFqy

(情報公開 2016年8月10日)